コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2241E003】 人口減少時代の地域経済再生

受講申込

実施日 2023/02/18 ~ 2023/02/25 曜日
時間 12:00~15:10 定員 30名
キャンパス 飯田橋キャンパス 対面(ワークショップ形式) 教室
受講料
10,100円 単位 1 単位

講座の説明

2022年1月1日時点の人口動態調査で、1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)の人口は前年比0.1%減となり、1975年の調査開始以来初めて前年を下回りました。少子高齢化で死亡が出生を上回る自然減が大きくなり、地方からの人口流入で補えなかったのです。

そもそも地方地域はこの25年、少子高齢化が急速に進んでおり、首都圏へ流入する人口を供給することも難しくなってきています。したがって多くの人が東京のオフィスに通勤することによる膨大な昼間人口を前提とした東京の都市経済モデルも成り立たなくなってきています。

今後、首都東京をこのまま維持するためには、次の2つの方法のいずれか、もしくは双方を実現しなければなりません。

① 地方地域の地域経済を再生させ、地方の急激な少子高齢化にストップを掛ける

② 東京の都市モデルを「地方に頼らない」ものに変えて、地域経済を維持・復興する

地方地域の経済再生に取り組み、そして成功させた事例はまだほとんど無いと言って良い状況です。そして東京の都市モデル変更に関しては、「課題とは認識されているが、未着手」と言える状況です。

ワークショップ形式の講義にてそれぞれの課題を深掘りし、その解決のための転換点を見つけ出して、さらに課題解決の戦略と施策を考えて行きたいと思います。
人生100年時代、年齢を重ねた皆様が培って来た経験が、東京の変革、もしくは地方地域の経済再生に役立つと思います。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2023/02/18(土) 釼持 勝
2 2023/02/25(土) 釼持 勝

備考

■ 講座実施日:2023年2月18日(土)、2月25日(土)
※ 各日ともに12時~15時10分まで(90分×2、休憩10分あり)

対象者

■ 問わない

このような方は、是非、ご受講をお待ちしております。
●地方地域の少子高齢化と地域経済再生に興味・関心のある方
●今まで培ってきた経験を活かして社会課題に取り組みたいと考えている方
●今回のテーマを他の受講生と共にワークショップを通じて理解を深めたい方

講師

釼持 勝(けんもつ まさる)
イー・リゾート 代表

【プロフィール】
東京都立大学工学部建築工学科(中退)。越後湯沢の岩原スキー場に15年間勤務。その後ニセコ地域をはじめ様々なスキーリゾートや地域の再生を手がける。NPO観光情報学会発起人・理事、H.I.S国内旅行事業本部顧問、長野県観光振興アドバイザー、秋田県観光振興プラン検討委員兼アドバイザー、産業技術大学院大学高度人材育成プログラム開発委員兼専門講師、および中小機構震災復興支援アドバイザーなど歴任。

釼持 勝

受講申込

<<講座一覧に戻る