コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2231J005】 もう一つの西洋美術史 初期キリスト教様式からポップ・アートまで

受付終了

実施日 2022/10/12 ~ 2022/12/21 曜日
時間 10:30~12:00 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
25,200円 単位 2 単位

講座の説明

夏期講座「世界の美術館」では、アテネの考古学博物館の古典古代(クラシック)様式から、ニューヨークのグッゲンハイム美術館の抽象美術までの作品を楽しみました。印象派やシュルレアリスム、アール・デコなど全部で11回でしたが、紹介しきれなかった様式や美術運動があります。この秋期講座ではそんな様式や作品を取り上げます。夏期講座は紀元前のギリシャに始まりましたが、ここではキリスト教が起こってからです。夏期には抽象美術で終わりましたが、今回はまさに今起こりつつある最新の美術にまで言及します。
一般に西洋美術の愛好家は、ルネサンスや印象派には馴染みがあっても、現代美術を知っている人は珍しいので、是非この機会に新たな世界に触れてください。
加えて、これは私の授業の特徴ですが、かなり歴史背景の話をするので、美術はいま一つピンとこなくても西洋史に興味があるという方にも是非ご参加いただきたいです。

初期キリスト教、ロマネスク、マニエリスム、ロココ、新古典主義、象徴主義、未来派、写真芸術など
※基本的にオンラインで開講した春期講座と同じ内容です。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2022/10/19(水) SABA 彩子
2 2022/10/26(水) SABA 彩子
3 2022/11/02(水) SABA 彩子
4 2022/11/09(水) SABA 彩子
5 2022/11/16(水) SABA 彩子
6 2022/11/16(水) SABA 彩子
7 2022/11/30(水) SABA 彩子
8 2022/12/07(水) SABA 彩子
9 2022/12/14(水) SABA 彩子
10 2022/12/21(水) SABA 彩子

対象者

西洋美術や歴史に関心のある方

講師

SABA 彩子(さば さいこ)
西洋美術史家

【プロフィール】
武蔵野美術大学卒業後フリーランスのデザイナー、イラストレイター、スタイリストとして働き、ペルージャ外国人大学を卒業。桃山学院大学大学院では藤沢道郎に師事。サンピア、カルチャーセンター、放送大学の面接授業などでは、イタリア語、イタリア史、西洋美術史を担当した。イタリア全土を巡る旅人で、特に中世からルネサンス期の中北部イタリアの美術が専門。研究対象地でもあるルッカ市と国立市の姉妹都市提携に関わっている。
講師ウェブサイト:天使たちの西洋美術 https://angeli.hatenablog.com/

SABA 彩子

受付終了

<<講座一覧に戻る