コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2231G002】 セラミックスとガラス:発祥から最先端まで

受付終了

実施日 2022/10/11 ~ 2022/10/19 曜日 火,水
時間 18:30~20:00 定員 15名
キャンパス オンライン 教室
受講料
10,100円 単位 1 単位

講座の説明

セラミックスとガラスは、石器時代に石器・黒曜石石器、先史時代に土器などとしての利用の始まった、ともに長い歴史をもつ材料です。セラミックスの一種である宝石も、古代から貴重品・装飾品として親しまれてきました。他方、近年でも、高純度原料を用いて多種多様な新しいセラミックス(ファインセラミックス)やガラス(ニューガラス)が開発され、私達の生活に役立てられています。本講座では、セラミックス・ガラスについて、その発祥から最先端まで、本年の国際ガラス年(International Year of Glass 2022)の話題も交えて紹介します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2022/10/11(火) セラミックスの発祥からファインセラミックスまで 梶原 浩一
2 2022/10/12(水) 鉱物と宝石 梶原 浩一
3 2022/10/18(火) ガラスの歴史と科学 梶原 浩一
4 2022/10/19(水) 新しいガラスとその応用 梶原 浩一

備考

※4回の講義を通して本テーマを解説する講座です。各回ごとに必ずしも完結しないことがあります。

講師

梶原 浩一(かじはら こういち)
東京都立大学 都市環境科学研究科 環境応用化学域 教授

【プロフィール】
京都大学大学院工学研究科博士後期課程退学。京都大学大学院エネルギー科学研究科助手、科学技術振興機構(JST)細野プロジェクト博士研究員、本学都市環境科学研究科准教授を経て、2020年より教授。専門分野は無機材料化学、ガラス・セラミックス・有機-無機ハイブリッド材料の低環境負荷合成・物性評価と応用。

梶原 浩一

受付終了

<<講座一覧に戻る