コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2211G104】 【高校生専用申込ページ】鉄道の黎明から鉄道網の広がり

受付終了

実施日 2022/05/21 ~ 2022/05/28 曜日
時間 13:00~14:30 定員 20名
キャンパス オンライン 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

2021年春期より「日本の魅力ある博物館・美術館シリーズ」講座がスタートしました。北海道から沖縄まで、日本全国の魅力ある個性的なミュージアムとそのコレクションについて、現地からオンラインで講座をお届けします。今回は、鉄道の総合博物館として鉄道文化遺産の保存や継承を担う「京都鉄道博物館」です。鉄道発展の歴史や役割、文化としての鉄道を考えてみます。

京都鉄道博物館は、2016(平成28)年4月29日に、「見る、さわる、体験する」の展示コンセプトで、鉄道の歴史や文化を様々な角度から体感する施設として開業しました。
日本で初めての鉄道が新橋~横浜間で開業し、2022年で150年になります。全国に整備された鉄道網、蒸気機関車から新幹線電車へ、快適性と安全性を追求した技術革新など、鉄道は私たちの生活とともに歩んできた一つの文化となっています。当館にはその歩みを象徴する53両の鉄道車両や1914(大正3)年竣工の梅小路機関車庫(扇形車庫)などの鉄道文化遺産などが保存され、150年の技術・文化・人々の暮らしを学ぶことができます。
また車輪の摩擦やブレーキ装置などの車両のしくみ、踏切・軌道自転車・信号などの鉄道の設備、運転シミュレータ・運行システムなどの列車の安全運行のしくみを、自分の手で触って動かし体感することで、自らが発見する楽しさや驚きの中で理解できるように工夫しています。
鉄道ファンのみならず多くの方々に鉄道の魅力を感じ、関心を持っていただければ幸いです。

この講座では京都鉄道博物館が所蔵する代表的な鉄道遺産の紹介と共に、明治期に鉄道普及や技術革新に尽力した人々の軌跡を通して、日本の鉄道のあゆみを紹介します。
また、大正期から昭和前期には世界恐慌や関東大震災など様々な不況に見舞われますが、その中で鉄道では列車愛称を導入するなど、新しい取り組みも多く登場しました。歴史背景や世相を交え、現在まで続く鉄道の特色を改めてひもときます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2022/05/21(土) 「明治の鉄道人物伝」
近代の新しい交通手段である鉄道は、1825年に各国に先駆けイギリスで開業してから、瞬く間に世界へ広がっていきました。1872年10月14日(旧暦:明治5年9月12日)には新橋~横浜間で日本最初の鉄道が開業します。
当時の鉄道の計画や拡大の歴史を見ると、明治期以降の日本がたどってきた国づくりの姿に当てはまります。海外から新しい技術を学び、同時に人材育成もおこないながら、全国に普及・定着していった過程があり、その中には幕末に海外留学を果たし鉄道の専門技術官僚として鉄道事業をリードした井上勝や彼を支えて
鉄道の本格的な発展を進めた多くの技術者たちの活動がありました。
本講座では、井上勝をはじめ明治期の鉄道普及に尽力した14人の代表的な人物を取り上げ、
彼らの足跡を通して鉄道の普及と技術革新の歴史を紹介します。
岡本 健一郎
2 2022/05/28(土) 「列車愛称の誕生とその背景」
明治期に日本で開業した鉄道は、東海道線の全通や私設鉄道の誕生により、全国に広がる鉄道網となりました。1906(明治39)年には主要な私設鉄道が国有化され、それに伴い一体化した路線ネットワークが完成し日本最初の特別急行列車が誕生しました。大正期から昭和期になると、世界恐慌などの不況による鉄道利用者減少を打開するため、1929(昭和4)年に東京~下関間の特急に列車愛称を募集し、「富士」「櫻」が登場しました。
これが現在、日本全国で活躍する特急や新幹線などに付けられている列車愛称のはじまりです。
本講座では、列車愛称の誕生をキーワードに、大正期から昭和前期の歴史背景に
大きく影響を受けた日本の鉄道のあゆみとその特徴について紹介します。
岡本 健一郎

備考

日本の魅力ある博物館・美術館シリーズ第6弾
京都鉄道博物館

京都鉄道博物館
住 所:京都市下京区観喜寺町
開館時間:10:00~17:00 ※入館は16:30まで
休 館 日:毎週水曜日・年末年始(12/30~1/1)ほか
※祝日、春休み、夏休み等は開館。詳細はHPでご確認ください。
観 覧 料:一般 1,200円
大学生・高校生 1,000円
中学生・小学生 500円

講師

岡本 健一郎(おかもと けんいちろう)
京都鉄道博物館 学芸員

【プロフィール】
広島大学大学院文学研究科博士課程後期中退。専門は日本近世近代史。長崎歴史文化博物館研究員、長崎県立大学非常勤講師を経て、京都鉄道博物館学芸員。「明治の鉄道人物伝~鉄道の夜明けを支えた14人の男たち~」、特集展示「新快速50年」など、展示の企画に携わる。江戸時代の長崎での海外交流、明治期の近代産業のはじまりと鉄道の普及について、研究を続けている。

岡本 健一郎

受付終了

<<講座一覧に戻る