コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2141F007】 社会的養護と学校教育 虐待を受けた子どもとの関係づくりと教育支援

受講申込

実施日 2022/03/09 ~ 2022/03/16 曜日
時間 13:00~14:30 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
5,000円 単位 1 単位

講座の説明

2020年度、全国の児童相談所が対応した児童虐待件数はこれまででもっとも多い20万件を超えました。その内の約4%ほどの子どもが、児童養護施設や里親といった社会的養護のもとで生活することになります。

みなさんは、「社会的養護」という言葉をご存じでしょうか。

社会的養護を担う施設のひとつである児童養護施設は、現在、「小規模化と家庭的養護」が推進され、入所する子どもの生活環境は大きく改善しています。小規模化は、地域分散化と同じですので、みなさんのお近くにもグループホームと呼ばれる「小さな施設」ができるかもしれません。

ただ、入所児童のおよそ6割は被虐待体験があり、地域での生活、とくに学校教育において困難を抱えていることが少なくありません。これまでは被虐待児の早期発見と、保護されたあとの心理的ケアや生活支援の方法が議論されてきましたが、学校教育についてはこれからの課題です。

2021年4月から高等教育の修学支援新制度も開始されましたが、虐待という困難を抱えて自立していくためには、経済的支援だけでなく、教育的支援や配慮が欠かせません。さらに、学校はコミュニティにありますから、教育関係者だけでなく、地域の関係者や住民の方々が子どもたちをどう支援してくださるかも重要です。虐待を受けた子ども支援のネットワークが広がることを期待してこの講義を設定しました。


テキストは用いませんが、参考文献をご紹介します。
『施設で暮らす子どもの学校教育支援ネットワーク 「施設―学校」連携・協働による困難を抱えた子どもとの関係づくりと教育保障』
村松健司、2018年


※映像を見ていただく予定です。
少々心が揺さぶられることがありますので、ご無理のないようにご参加ください。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2022/03/09(水) 我が国における児童虐待の状況とケアの課題 村松 健司
2 2022/03/16(水) 虐待を受け子どもの学校教育と自立に向けた課題 村松 健司

講師

村松 健司(むらまつ けんじ)
東京都立大学大学教育センター 教授

【プロフィール】
千葉大学大学院教育学研究科修了。博士(教育学)。 臨床心理士 公認心理師。
不登校や虐待を受けた子ども、精神疾患の方への心理支援(心理療法)を経て、平成19年から本学学生相談室専任カウンセラー。専門は児童福祉領域における児童虐待への包括的心理支援、および教育保障。

村松 健司

受講申込

<<講座一覧に戻る