コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2141F005】 ハイデガー『存在と時間』の実存思想を学ぶ ―「わたし」が「存在している」ということの意味について考えるー

開講中止

実施日 2022/02/01 ~ 2022/02/22 曜日
時間 13:00~14:30 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,100円 単位 1 単位

講座の説明

本講座では、20世紀の哲学者マルティン・ハイデガーの著作のなかから、いくつかの重要箇所を選び、ゆっくりと読みながら、「わたし」がこの世界の中で「存在している」とは、どういうことなのかを、ご一緒に考えてみたいと思います。ハイデガーの言葉と向き合いつつ、「わたし」というものの日常の「在り方」を哲学的観点から捉えなおすための場を提供できればと願っております。

※重要箇所のコピーとレジュメは、毎回、こちらで準備し、配布いたします。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2022/02/01(火) 「世界のなかの存在」として生きている「わたし」とわたしの「世界」 上田 圭委子
2 2022/02/08(火) 日常の中で、「もの」や「他者」に関わりながら生きている「わたし」 上田 圭委子
3 2022/02/15(火) そのつどの状況の中で、固有の可能性に向けて生きていく「わたし」 上田 圭委子
4 2022/02/22(火) 存在を贈られて、生きている、生かされている「わたし」 上田 圭委子

対象者

テーマに関心のある方ならどなたでも

講師

上田 圭委子(うえだ けいこ)
東京都立大学非常勤講師

【プロフィール】
東京都立大学非常勤講師。専門分野:ハイデガーを中心とする近現代ドイツ哲学。

上田 圭委子

開講中止

<<講座一覧に戻る