コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2131F007】 有権者の社会意識と政治行動 社会調査データから学ぶ社会学

受講申込

実施日 2021/12/18 ~ 2022/02/12 曜日
時間 13:00~14:30 定員 20名
キャンパス オンライン 教室
受講料
10,100円 単位 1 単位

講座の説明

コロナ禍以後、今まで以上に政治に関心を持ったという方も少なくないでしょう。政治家に関する情報は、マスメディア等の情報媒体によって連日報じられています。一方で、選挙で彼らを選出する側である私たち有権者のことを知ることは、簡単なことではないはずです。特に、全貌を見わたす「見取り図」を描くことは困難でしょう。本講座では、学術的な社会調査で収集したデータを用いて、社会学的な観点から、日本の有権者の社会意識や政治行動について学びます。また、各種調査・データの読み方についても適宜補足を行います。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2021/12/18(土) 社会調査とは・政治社会学とは 桑名 祐樹
2 2022/01/15(土) 外国人に対する有権者のまなざし 桑名 祐樹
3 2022/01/29(土) 政党支持・政治参加と社会階層 桑名 祐樹
4 2022/02/12(土) 格差をめぐる有権者の意識 桑名 祐樹

講師

桑名 祐樹(くわな ゆうき)
東京都立大学 大学院人文科学研究科 特別研究員

【プロフィール】
首都大学東京大学院人文科学研究科博士前期課程修了。現在、東京都立大学特別研究員。専攻は政治社会学、社会調査法。

受講申込

<<講座一覧に戻る