コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2011J009】 平常時・災害時におけるトレーラーハウスの活用方法について

開講中止

実施日 2020/05/12 曜日
時間 13:00~16:10 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
5,000円 単位 1 単位

講座の説明

トレーラーハウスは米国で生まれました。西部開拓時代の幌馬車文化の影響を受けており、特殊な文化的背景が存在します。一方日本においては災害を契機とした普及の兆しが近年見られ、米国とは異なる展開が予想されます。
本講座では、トレーラーハウスの史的展開、日本における活用事例や具体的事例や今後期待される運用方法について概説します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2020/05/12(火) トレーラーハウスに関する歴史 土屋 真
2 2020/05/12(火) トレーラーハウスの活用方法・事例 土屋 真

講師

土屋 真(つちや しん)
東京都立大学助教 システムデザイン学部

【プロフィール】
東京都立大学助教。
2003 東北大学工学部建築学科卒業
2005 東京芸術大学美術研究科建築科卒業
2005 山本理顕設計工場勤務
2006 東京日建設計勤務
2009 首都大学東京システムデザイン学部勤務

開講中止

<<講座一覧に戻る