コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2011H029】 声を出して 詩や物語や絵本を読んでみませんか! ストレス発散して、あなたの人生を豊かにしませんか?

開講中止

実施日 2020/05/09 ~ 2020/05/30 曜日
時間 15:30~17:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,100円 単位 1 単位

講座の説明

声を出して、詩や物語や絵本を読んで、まず、ストレスを発散しましょう! そして、自分がどのような本に心を動かされるのか、他の方はどうなのか、様々の人々の思いを感じ取りましょう。お互いの理解が深まり、発展して行く。そして、人生が豊かになる。その糸口がこの講座で見つかればいいなと思います。今回は、朗読家しまだみわさんの協力を得ます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2020/05/09(土) 第1回は、読みやすい絵本から始めましょう!朗読してみたい詩や物語や絵本があれば、各自お持ちください!「アンパンマン」でもいいですよ! 杏 平太(酒井 享平)
2 2020/05/16(土) 第2回は、「竹取物語」「伊勢物語」など語り継がれて来た物語にアプローチしてみましょう。物語は、夢や神話などとも深い関りがあります! 杏 平太(酒井 享平)
3 2020/05/23(土) 第3回は、サトウハチロー、アポリネール、ケストナーなど平易な詩を読んでみたいと思います。この中には、多摩地域とかかわりがあった詩人たち八木重吉、村野四郎、谷川俊太郎の作品を含めてもいいですね! 杏 平太(酒井 享平)
4 2020/05/30(土) 第4回は、杏平太作「詩って何?」「あなたは何が好き?」などの朗読を交えながら詩・絵本・物語などを読み書きすることの意味・効用を考えます。 杏 平太(酒井 享平)

対象者

声を出して詩や物語や絵本を読んでみたい方ならどなたでも

講師

杏 平太(酒井 享平)(あんず へいた(さかい きょうへい))
東京都立大学法科大学院非常勤講師

【プロフィール】
15歳から詩を書き始め、人前で詩を読む機会が生じ、生来内閉的であった性格の殻を破るきっかけになった。詩集「SOUL」(30歳)、詩歌集「伯林」(43歳)、詩集「新しき日を求めて」(47歳)刊行。詩を語る会発行「新自由詩空間-ミューズの広場-」、「銀河詩手帖」等に詩・短歌・俳句・川柳・エッセイ等多数発表。詩を語る会代表、銀河詩手帖編集同人、千葉県詩人クラブ会員、本学法学部・法科大学院元教授(現法科大学院非常勤講師)

杏 平太(酒井 享平)

開講中止

<<講座一覧に戻る