コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2011H019】 スペイン語初中級文法・特別インテンシブ講座【春期】

開講中止

実施日 2020/06/20 曜日
時間 10:00~17:20 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,100円 単位 1 単位

講座の説明

一日完結型の集中講座(インテンシブ)です。本講座は、スペイン語の特定の文法テーマに集中して学習するインテンシブ講座です。通常の講座では、どうしても限られた時間のなかで、特定の文法項目だけに時間をさくことができません。しかし、その理解が不十分であるために、どうしてもスペイン語の初級から中級へのステップアップにつまずいておられる方も多いのではないでしょうか。そこで、本講座では、十分に消化できなかったスペイン語文法のいくつかの難所だけに特化して、練習問題を通じて理解を深めていきたいと思います。
教材は当日配布します。講座時間内に問題を解く時間を設けますので、事前の予習は不要です。

●前置詞
●再帰動詞か否か
●受け身
●関係代名詞・関係形容詞・関係副詞

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2020/06/20(土) 牛島 万

備考

※教材はプリントを配布します。
※持ち物:西和・和西辞典(電子辞書可)
※間に、昼食休憩(11:30~12:30)が入る予定です。

対象者

現在形の規則活用について、ある程度既修している方

講師

牛島 万(うしじま たかし)
京都外国語大学 准教授

【プロフィール】
上智大学大学院国際関係論専攻博士後期課程修了。論文博士(言語文化学)。主な著書に、『米墨戦争前夜のアラモ砦事件とテキサス分離独立―アメリカ膨張主義の序幕とメキシコ』(明石書店、単著)、『現代スペインの諸相―多民族国家への射程と相克』(明石書店、編著)、『現代スペインを知るための60章』(明石書店、共著)、『アメリカのヒスパニック=ラティーノ社会を知るための55章』(明石書店、共編著)、『現代スペイン読本』(丸善出版、共著)、『アメリカスのまなざし―再魔術化される観光』、『アメリカス世界のなかのメキシコ』(以上、天理大学出版部、共著)、訳書に『ラテンアメリカのスペイン語』(南雲堂フェニックス、共訳)、『労働に反抗する労働者――人民戦線期のパリとバルセロナにおける労働――』など。教材用図書に『トピックで学ぶスペイン語世界』(白水社、共著)などがある。

牛島 万

開講中止

<<講座一覧に戻る