コンテンツ内容へ移動

東京都立大学オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【2011B003】 超高齢社会における認知症予防・健康増進のための園芸活動のすすめ

開講中止

実施日 2020/06/05 曜日
時間 15:30~17:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
3,000円 単位 1 単位

講座の説明

現在、我が国では認知症高齢者が増加する中、認知症予防のための取り組みが重要視されています。本講座では、非薬物療法の一つである園芸活動に着目し、高齢者の認知症予防を含む健康増進に向けた働きかけについて学びます。
また、高齢者への認知症予防・健康増進としての園芸活動の効果に関する研究成果を紹介すると共に、実際に園芸活動を体験してもらい、園芸活動の特徴や楽しさを知り、共有できる機会を提供いたします。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2020/06/05(金) 増谷 順子

備考

※持ち物:特別にご準備いただくものはございません。
※講座で作成した成果物はお持ち帰りいただけます。

講師

増谷 順子(ますや じゅんこ)
東京都立大学准教授 健康福祉学部看護学科

【プロフィール】
東京都立大学健康福祉学部看護学科准教授。資格は看護師、園芸療法リーダー、食育インストラクター。東京女子医科大学病院にて看護師として勤務したのち東京農業大学農学部に進学し、園芸療法について学ぶ。慶應義塾大学にて博士号(看護学)を取得し、首都大学東京健康福祉学部看護学科助教を経て、2017年より現職。
専門は、高齢者看護学、認知症ケア、非薬物療法の方法論であり、これまで、認知症高齢者や地域高齢者への園芸活動の介入を実践してきており、認知症の進行予防や認知症予防としての効果検証を行っている。

開講中止

<<講座一覧に戻る