コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1932I003】 イタリアと宗教改革の重要人物 世界史においてもターニングポイントとなった宗教改革時代

受付終了

実施日 2019/10/07 ~ 2019/12/16 曜日
時間 13:00~14:30 定員 30名
キャンパス 南大沢キャンパス 教室 6号館209教室
受講料
19,900円 単位 2 単位

講座の説明

イタリアの歴史を勉強しています。イタリアは西欧史の中でも最も重要な国ですが、それは古代ローマ帝国の発祥の地であり、キリスト教の首都ローマがあり、近代を開いたルネサンスが興りミケランジェロやプッチーニなど重要な芸術家の半数以上がイタリア人で、アメリカに名を与えたヴェスプッチやコロンブスら世界を広げたのもイタリア人、ガリレオやヴォルトなど科学者も多数居る、といくらでも理由は挙げられます。が最近は宗教改革という西欧世界全体を震撼させたテーマを扱っていますので、ヨーロッパ全体に目を向けています。当時の作品も映像で見ながら「ルネサンスの歴史(下巻)反宗教改革のイタリア」を読んでいきましょう。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/10/07(月) SABA 彩子
2 2019/10/21(月) SABA 彩子
3 2019/10/28(月) SABA 彩子
4 2019/11/11(月) SABA 彩子
5 2019/11/18(月) SABA 彩子
6 2019/11/25(月) SABA 彩子
7 2019/12/09(月) SABA 彩子
8 2019/12/16(月) SABA 彩子

備考

※テキストは各自事前購入:『ルネサンスの歴史(下巻)』モンタネッリ・ジェルヴァーゾ著 藤沢道郎訳(中央公論社)1,100円(税抜)
※講師webサイト【天使たちの西洋美術】https://angeli.hatenablog.com/

対象者

美術や歴史に関心のある方

講師

SABA 彩子(さば さいこ)
西洋美術史家

【プロフィール】
武蔵野美術大学造形学科卒業。ペルージャ外国人大学文化科卒業。桃山学院大学大学院南欧文化卒業。デザイナー、イラストレーターとして森永乳業、三菱電機、他で制作。
現在はDILA国際語学アカデミー(ブリヂストン、三菱UFJ銀行など対象)でイタリア語を、放送大学(埼玉、小平)では西洋美術史を講義。吉川カルチャー倶楽部他でイタリア語と西洋(イタリア)美術史を担当。
講師ホームページ:https://angeli.hatenablog.com/

SABA 彩子

受付終了

<<講座一覧に戻る