コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931T002】 江戸城外濠が支えた東京の近代 水辺の暮らしと生活空間

受付終了

実施日 2019/10/19 ~ 2019/11/02 曜日
時間 15:30~17:00 定員 30名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
7,500円 単位 1 単位

講座の説明

外濠は江戸城の城郭をなす巨大な掘割です。1636年、3代将軍徳川家光の令により開削され、部分的に埋め立てられてはいますが、現在でもその全様をよく留めています。雄大な空間は、江戸の歴史遺産であるだけでなく、都心における貴重な水辺環境として、多くの人に親しまれています。ところで、この外濠の水は一体どこから流れてくるのでしょうか?実のところ現代の外濠に水源はなく、雨水の流入によって辛うじて水位が保たれているに過ぎません。しかし、かつてお濠には玉川上水の余水が分水され、きれいな水が常に循環していたといいます。その流れは、現在の飯田橋駅あたりで神田川と合流し、日本橋川と枝分かれしながら、最終的には隅田川へと流れ込みます。つまり外濠は本来、東京の水のネットワークの要でもあったのです。本講座では、こうした外濠の水辺としての側面に注目しながら、周辺地域の特徴を見ていきます。特に近代に焦点を合わせることで、土手への鉄道や公園といった近代施設の成立過程や、河岸や舟運といった水辺の機能がもたらした産業の発達、さらにはそれによる生活の変容といった、水都としての東京の側面に光を当てます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/10/19(土) 近代事業の舞台となった外濠の土手 / 時代が明治に変わり、江戸城の防衛という役割を終えた外濠。その機能は失っても、巨大な量塊はその場に残り続け、近代の様々な事業の受け皿となっていきます。明治時代に無用の長物となった外濠が、鉄道敷設計画や、水陸のターミナルの設置よって、水辺のまちとして生まれ変わっていく様子を見ていきます。 高道 昌志
2 2019/10/26(土) 明治期東京に生まれた地形を活かした水辺のまち / 外濠は自然地形を利用しながら造成されました。そのため、深い谷を形成し、地形と水辺に一体感のあるダイナミックな景観を備えています。明治時代、人々はそれまでの身分制による住み分けから解放され、自身の居所を自ら選択が出来ることになります。このとき、外濠の優れた環境が、多くの人々を惹きつけ、学者や実業家の屋敷街や、様々な学校が並ぶ学園街が形成されます。その一連の動きを、それぞれの人物に注目しながら見ていきます。 高道 昌志
3 2019/11/02(土) 湊としての外濠:河岸地の隆盛と水の産業の発達 / 外濠は、現在の飯田橋のところまで通船が可能な水路でもありました。江戸城を中心に見たとき、北西部の最深部に当たるこの湊は、近代以降も河岸地として賑わい、神楽坂や飯田町といった周辺地域の発達に大きな影響を及ぼします。この回では、都市内部の湊である河岸地に注目し、舟運と水の産業から地域形成の歴史を見ていきます。 高道 昌志

講師

高道 昌志(たかみち まさし)
首都大学東京助教 都市環境学部

【プロフィール】
1984年、富山県生まれ。法政大学大学院デザイン工学研究科博士課程修了、博士(工学)。専門は都市史・建築史。東京の水辺と地域構造の関係について研究を行う。2012年より「外濠市民塾」、2016年より「外濠再生懇談会」の企画運営に携わり地域での実践活動を行う。著書に『外濠の近代―水都東京の再評価(法政大学出版会)』、(共著)『外濠―江戸東京の水回廊(鹿島出版会)』など。

高道 昌志

受付終了

<<講座一覧に戻る