コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931T001】 気候の寒暖からみる江戸・東京

受講申込

実施日 2019/11/25 ~ 2019/12/02 曜日
時間 18:30~20:00 定員 30名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
5,000円 単位 1 単位

講座の説明

「地球温暖化」、「ヒートアイランド現象」、「ゲリラ豪雨」、「東京砂漠」。環境や社会の急激な変化を遂げてきた江戸・東京は、様々な気候変化や気象災害を経験してきました。1875年、気象庁は東京での気象観測を開始しましたが、それ以前、江戸時代の気候はどのように知ることができるでしょうか?まだ気象測器が普及していなかった江戸時代の気候を復元する方法や、日本に気象測器が入ってくることになった歴史的背景も含めて、江戸・東京の気候の特徴について時間を追ってみていきましょう。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/25(月) ●第1回「江戸の気候」 / 歴史資料から明らかとなった江戸の気候の特徴や、「天明の大飢饉」、「天保の大飢饉」と天候の関係について、また気象庁設立以前の鎖国が続く江戸時代末期の日本で、誰がどのような理由で気象観測をしていたのかなどを解説します。 財城 真寿美
2 2019/12/02(月) ●第2回「東京の気候」 / 1875年に東京気象台が設立され、日本に近代的な気象観測ネットワークが構築されていった様子を紹介します。そして、明治から平成まで蓄積されてきた気象庁などの観測データをもとに、東京の気候がどのように変化してきたか解説します。 財城 真寿美

講師

財城 真寿美(ざいき ますみ)
成蹊大学准教授

【プロフィール】
東京都立大学理学研究科博士課程地理科学専攻修了。博士(理学)。成蹊大学経済学部准教授。専門は、歴史気候学・自然地理学。様々な歴史文書から18・19世紀の気候を復元し、日本および周辺地域の気候変動の特徴を明らかにする研究に取り組んでいる。

財城 真寿美

受講申込

<<講座一覧に戻る