コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931J005】 北イタリアの美術 街並み、建築、所蔵作品からファッションまで

受付終了

実施日 2019/10/19 ~ 2019/12/21 曜日
時間 13:00~14:30 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
19,900円 単位 2 単位

講座の説明

秋講座は、私が毎年行っている美術旅行から帰ってすぐですので、最新の映像と共に、いわゆる西洋美術の範疇からもれる街並みや生活文化の話も交えて、美術の話をします。厳密にはミラノ、パヴィーア、ピアチェンツァ、アイルランド修道生の拠点だったボッビオ、世界初の靴工場ヴィジェーヴァノなどのロンバルディア地域、世界一有名な塔を持つピサ、温泉で近世の高級リゾート地となったモンテカティーニ、初期ルネサンスの大画家フィリッポ・リッピのプラート、そして何より私の研究対象として一番のロマネスク都市ルッカを紹介することになるでしょう。しかし街の歴史を紹介するのではなく美術に関する話題をリアルタイムな写真でお届けします。
※講師webサイト【天使たちの西洋美術】https://angeli.hatenablog.com/

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/10/19(土) SABA 彩子
2 2019/10/26(土) SABA 彩子
3 2019/11/02(土) SABA 彩子
4 2019/11/09(土) SABA 彩子
5 2019/11/16(土) SABA 彩子
6 2019/12/07(土) SABA 彩子
7 2019/12/14(土) SABA 彩子
8 2019/12/21(土) SABA 彩子

対象者

美術や歴史に関心のある方

講師

SABA 彩子(さば さいこ)
西洋美術史家

【プロフィール】
武蔵野美術大学造形学科卒業。ペルージャ外国人大学文化科卒業。桃山学院大学大学院南欧文化卒業。デザイナー、イラストレーターとして森永乳業、三菱電機、他で制作。
現在はDILA国際語学アカデミー(ブリヂストン、三菱UFJ銀行など対象)でイタリア語を、放送大学(埼玉、小平)では西洋美術史を講義。吉川カルチャー倶楽部他でイタリア語と西洋(イタリア)美術史を担当。
講師ホームページ:https://angeli.hatenablog.com/

SABA 彩子

受付終了

<<講座一覧に戻る