コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931I004】 「内面の自由」の展開とカルヴィニズム

受付終了

実施日 2019/11/08 ~ 2019/11/29 曜日
時間 13:00~14:30 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

いま世界の各国で、これまで常識とされてきた規範が揺らいでいます。この講座では、第二次大戦後の世界の規範であった自由主義的な思想の誕生を、歴史的に振り返りたいと思います。イングランド革命やアメリカ独立革命を題材にして、そうした思想が具体的な時代状況の中で育まれた過程をたどっていきます。柱になるのは、宗教改革の一宗派であるカルヴァン派と「内面の自由」の思想です。
スライドなど視覚からの情報を用いて、思想が生まれた経緯をリアルに感じていただきたいと考えています。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/08(金) 宗教改革、宗教的少数者の闘い 住田 博子
2 2019/11/15(金) イングランド革命 住田 博子
3 2019/11/22(金) ジョン・ロックの思想 住田 博子
4 2019/11/29(金) アメリカ独立革命 住田 博子

備考

※教材は、講師が毎回レジュメを用意します。

講師

住田 博子(すみた ひろこ)
政治思想史研究者

【プロフィール】
2017年3月、首都大学東京社会科学研究科より博士号取得。論文題目は、「国家教会体制の共同体論的基礎と抵抗権思想ーーカルヴァン政治思想の発展」。
専門は、政治思想史。
研究テーマ:宗教改革者ジャン・カルヴァンの政治思想。

住田 博子

受付終了

<<講座一覧に戻る