コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931G010】 人の心、動物の心 ヒトは動物とどこが違うのか―脳―

受付終了

実施日 2019/10/18 ~ 2019/12/13 曜日
時間 18:30~20:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

最初に心理学がどのように成立したのかを解説し、神経科学としての心理学の考え方を述べます。それに続いて、脳と心の関係を、1)脳の基本構造、2)脳の進化、3)脳の進化と心の進化、という観点から議論したいと思います。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/10/18(金) (1) 心理学ってなんだろう/多くの方が学校で「心理学」を習っておられないと思います。大学でも心理学は選択科目の中にはあっても履修される方は少ないと思います。一方、書店には多くの「xxx心理学」といった物が並んでいます。そのような民間心理学と大学で実際に研究されている心理学とはかなり違います。最初の回は学問としての心理学がどのように生まれ、どのように発展していったのかをお話ししたいと思います。 渡辺 茂
2 2019/10/25(金) (2) 脳の構造/脳はとても保守的な器官で、脊椎動物では皆同じような前脳、中脳、後脳という構造を持っています。この回では脳の基本的な構造を説明します。 渡辺 茂
3 2019/12/06(金) (3) 脳の進化/脳の進化の過程を概観し、脳の増大がいくつかの系統で独立に進化したことを説明し、人の脳の特徴を述べます。 渡辺 茂
4 2019/12/13(金) (4) 脳の進化と心の進化/脳は様々な機能を持っていますが、その一つが認知機能です。脳のどのような構造の進化がどのような機能の進化と結びついているかを述べ、心の進化について考えて見ます。 渡辺 茂

備考

※第1回の内容は2019年夏期講座の第1回と重複します。第2回以降は新たな内容です。

講師

渡辺 茂(わたなべ しげる)
慶應義塾大学名誉教授

【プロフィール】
慶應義塾大学大学院社会学研究科心理学専攻博士課程修了。文学博士(心理学)。慶應義塾大学文学部人間関係学系教授を経て、現在は慶應義塾大学名誉教授。
1995年イグノーベル心理学賞受賞。専門は実験心理学、神経科学、動物行動学、行動薬理学。主な著書として「鳥脳力」(化学同人社)、「ヒト型脳とハト型脳」(文芸春秋)、「美の起源—アートの行動生物学—」(共立出版)、「情動の進化)」(中山書店)。『美の起源』(共立出版)

渡辺 茂

受付終了

<<講座一覧に戻る