コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931G004】 金属3Dプリンターでジェットエンジンパーツを作る ジェットエンジンパーツの製造法

電話注文のみ可

実施日 2019/11/16 ~ 2019/11/30 曜日
時間 10:30~14:30 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

最先端のテクノロジーであるジェットエンジンの心臓部とも言える、タービンブレードやディスクに使用されている合金とその製造プロセスについて概説します。また、頻発するタービンブレードの破壊や現在注目されている金属3Dプリンタの航空機部品製造への適用の可能性についても話題として取り上げます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/16(土) 航空機エンジンのパーツの製造プロセスとタービンブレードの破壊 筧 幸次
2 2019/11/16(土) 航空機エンジンのパーツの製造プロセスとタービンブレードの破壊 筧 幸次
3 2019/11/30(土) 航空機エンジンのパーツ製造における3Dプリンタの適用の利点と問題点 筧 幸次
4 2019/11/30(土) 航空機エンジンのパーツ製造における3Dプリンタの適用の利点と問題点 筧 幸次

備考

※実際に3Dプリンターを使用した実習はありません。
※間に、昼食休憩(12:00~13:00)が入る予定です。

対象者

高校生以上

講師

筧 幸次(かけひ こうじ)
首都大学東京教授 システムデザイン学部

【プロフィール】
CAD(コンピュータ支援設計)データから迅速に製品が製造できる3次元造形技術開発が進んでいます。3次元造形技術について、航空機エンジン用耐熱合金(ニッケル基超合金、チタン合金)を供試合金とし、粉末造粒、積層造形、熱処理に至るまでの工程をトータルに検討する統合的研究を行っています。また、航空機エンジンの心臓部であるタービンブレードおよびディスク用ニッケル基超合金の力学特性と信頼性について、材料組織学的観点から研究を行っています。

筧 幸次

電話注文のみ可

<<講座一覧に戻る