コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931F002】 哲学書の読み方 マルクス・ガブリエル『なぜ世界は存在しないのか』を読んでみる

受付終了

実施日 2019/11/02 ~ 2019/11/30 曜日
時間 15:30~17:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

哲学に関心があるとしても、実際にいわゆる「哲学書」を読み、何かを理解することはとても困難だと思われます。特に初心者にとってはそもそも哲学書を読み進めること自体が難しいです。哲学書を読みこなし、そこから何らかの糧を得るための技術を身につけることが、この講座の目標となります。
この講座では、ドイツの新進気鋭の哲学者、マルクス・ガブリエルの『なぜ世界は存在しないのか』を課題図書とし、おそらく一般向けに書かれたこの著作の明快な議論と平易な語り口に触れることによって、哲学書の読み方を学んでいきます。もちろん内容から見ても、この著作は哲学の入門書として適切なものとなりうると思われます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/02(土) 渋川 優太
2 2019/11/09(土) 渋川 優太
3 2019/11/16(土) 渋川 優太
4 2019/11/30(土) 渋川 優太

備考

※テキストは各自事前購入:『なぜ世界は存在しないのか』マルクス・ガブリエル、清水一浩訳(講談社選書メチエ)1,850円(税抜)

講師

渋川 優太(しぶかわ ゆうた)
首都大学東京非常勤講師

【プロフィール】
2017年度首都大学東京大学院人文科学研究科にて博士号(文学)を取得、同大学院を修了。
専門は哲学(特に哲学史)。

渋川 優太

受付終了

<<講座一覧に戻る