コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931E010】 地方公会計の仕訳入門

受講申込

実施日 2019/12/04 ~ 2019/12/18 曜日
時間 18:30~20:00 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
5,000円 単位 1 単位

講座の説明

平成27年(2015年)1月総務省公表の「統一的な基準による地方公会計マニュアル」により、地方公共団体の財務書類の作成は、統一的な基準で行われることとなりました。この基準の特徴は、企業会計で行われている複式簿記の導入です。本講座では、複式簿記の出発点である仕訳(しわけ)の基礎を学び、演習をまじえ地方公会計の特徴をみていきます。演習では、日本ビジネス技能検定協会主催の地方公会計検定3級の一部もとりあげます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/12/04(水) 企業会計と地方公会計の仕訳の基礎(1) 渋谷 謙作
2 2019/12/18(水) 企業会計と地方公会計の仕訳の基礎(2) 渋谷 謙作

備考

※持ち物:電卓またはスマホ(簡単な計算をするため)
※教材はプリントを配布します。テキストは使用しません。

対象者

簿記の初学者で地方公会計に興味のある方

講師

渋谷 謙作(しぶや けんさく)
元東京経営短期大学教授

【プロフィール】
平成9年東京経営短期大学に着任,平成29年同短大を退職しました。在職中は簿記会計の科目を担当し、簿記検定受験対策の指導も行いました。専門分野は財務会計で、ドイツののれん会計を研究しています。

渋谷 謙作

受講申込

<<講座一覧に戻る