コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931E007】 財務諸表の構造とその見方・読み方(基礎編) ー財務諸表の基礎知識に加え事例研究による実践的学習ー

受付終了

実施日 2019/11/07 ~ 2019/12/12 曜日
時間 19:00~20:30 定員 25名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
12,500円 単位 1 単位

講座の説明

学習科目には、入口は平易でも徐々に難解となる科目があります。簿記・会計の学習は、それらとは異なり最初はとっつき難い部分もありますが、基礎となる知識を理解すれば学習意欲が倍加するという特徴があります。この「基礎編」では、まず財務諸表に関する基礎知識を確認したうえで、基本の財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書)の構造と読み方を学習します。「財務諸表を読める楽しさ」を実感していただくことが、この講座の目標です。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/07(木) ① 財務諸表の体系 ② 貸借対照表の構造と読み方 三沢 清
2 2019/11/21(木) ① 損益計算書の構造と読み方 ② 損益計算書の限界 三沢 清
3 2019/11/28(木) ① キャッシュ・フロー計算書の構造と読み方 三沢 清
4 2019/12/05(木) ① 財務分析の基礎知識と計算方法 ② 事例研究(その1) 三沢 清
5 2019/12/12(木) ① 事例研究(その2) ② 決算書から読み取る「危ない会社の財務特性」 ③ まとめ  三沢 清

備考

※持ち物:電卓、マーカー
※教材はプリントを配布します。
※講座の復習(講座資料の再読)をお願いします。復習のポイントは、各回の講座終了時に説明します。
※2019年度冬期(2020年2月)に継続講座「財務諸表の構造と読み方(応用編)」を開講の予定です。

対象者

簿記の初歩的知識をお持ちの方

講師

三沢 清(みさわ きよし)
国士舘大学・杏林大学 元講師

【プロフィール】
大手都市銀行およびその直系証券会社における実務経験(30余年)を経て、国士舘大学政経学部講師(現代企業論)、杏林大学総合政策学部講師(会計学総論、簿記論)、高千穂大学商学部講師(簿記論、工業簿記)、フェリス女学院大学国際交流学部講師(商法、会社法)を歴任。高千穂大学大学院経営学研究科博士課程修了、経営学修士(MBA)
<その他参考事項>
1.学術論文等
『減損会計の認識問題』(第18回日本財務管理学会研究報告)。
『固定資産の減損損失と現行税制の課題』(共著)。
『財務会計学通論』(分担著)、税務経理協会。
『高度会計人のための初級簿記テキスト』(共著)、創成社
『公正価値測定と減損会計』(高千穂論叢第42巻第4号)など。
2.外部講義…(中国)蘭州大学、「いちょう塾」(八王子市・市民講座)等。

三沢 清

受付終了

<<講座一覧に戻る