コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931E006】 初歩からはじめる簿記の基礎

開講中止

実施日 2019/10/03 ~ 2019/10/31 曜日
時間 18:30~20:00 定員 40名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

本講座は、初学者を対象としたものです。講座内容は、企業の経済活動(取引)を貨幣額で計算・測定し、会計帳簿に記録する「簿記」を学習します。具体的には、期中の取引(小切手、約束手形等)を学習し、主要簿(仕訳帳、総勘定元帳)、補助簿、試算表を作成します。また、経済活動の成果をまとめた財務諸表(損益計算書、貸借対照表)の基本内容を学習します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/10/03(木) 複式簿記の意義と役割、取引の要素(資産、負債、純資産、費用、収益) 井上 行忠
2 2019/10/10(木) 取引(仕訳)と主要簿(仕訳帳と総勘定元帳) 井上 行忠
3 2019/10/24(木) 期中取引(小切手、約束手形等)と伝票会計 井上 行忠
4 2019/10/31(木) 簿記一巡の手続き(主要簿、試算表、財務諸表の作成) 井上 行忠

備考

※持ち物:電卓
※学習内容は、第1回から継続的な内容のため、第1回目を欠席した場合は対応出来ませんのでご注意ください。
※継続講座に「財務諸表の構造とその見方・読み方(基礎編)」を予定しています。

講師

井上 行忠(いのうえ ゆきただ)
嘉悦大学教授

【プロフィール】
国士館大学大学院経営学研究科博士課程単位取得退学
現在 嘉悦大学経営学部教授

井上 行忠

開講中止

<<講座一覧に戻る