コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931B008】 日常の痛みの対処方法 ちょっとした工夫で快適な生活を

電話注文のみ可

実施日 2019/11/16 曜日
時間 15:15~17:15 定員 30名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
3,000円 単位 1 単位

講座の説明

日々の生活の中で積み重なった凝りや、疲労は徐々に身体を蝕んでいます。この講座では主に首から肩にかけての対処方法を講義していきます。年々、姿勢が悪くなったと感じる人は少なくないでしょう。姿勢の変化は加齢によるものと考えている人も多いですが、一概に加齢によるものだけとは言い難いです。ロコモーティブインドロームやフレイルなども高齢者に限った症状ではなく、現代では就学期の子どもにも起こっています。ならば、何が問題なのでしょうか?運動習慣であったり食生活など様々あげられるでしょう。しかし、今回は日々の生活で蓄積され続けている様々な負荷によって引き起こされる「姿勢」の崩れに焦点を当てて講義を進め、自宅でできる対処法などを紹介します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/16(土) 稲熊 成憲

講師

稲熊 成憲(いなぐま しげのり)
JCHO東京新宿メディカルセンター リハビリテーション室 副作業療法士長

稲熊 成憲

電話注文のみ可

<<講座一覧に戻る