コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931B006】 健康増進のためのコンディショニング 関節や筋の違和感へのコンディショニング

受付終了

実施日 2019/11/11 曜日
時間 10:30~16:10 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
7,500円 単位 1 単位

講座の説明

歩いて力はつくか?
答えはYesでありNoです。
Yes
1)筋力が低下している場合は最初は努力しないと歩けないので使える筋肉は最大限に使っているので筋力強化になります。(筋力強化に必要な最大筋力の60%以上の筋力で歩行していると考えられます) しかし、弱い筋肉や痛い筋肉は使わないので筋力は弱いままです。
No
1)元気な時は歩いている時に使う力は最大筋力の20-30%なので筋力強化になりません。
2)股関節や膝関節等が痛い場合は関節の負担を考えれば水中での歩行訓練は有効ですが水中での歩行は(持久力はアップしますが)よほど筋力が低下してない限り浮力で歩きやすいので負荷が少なく(最大筋力の60%以上の負荷にはならないので)筋力アップにはなりません。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/11(月) 弱った筋を強くする一般的な方法 筋力アップの科学的な方法 白谷 智子
2 2019/11/11(月) 老化や痛みによる筋力低下も一般的な筋トレをすれば大丈夫か? 痛みを我慢して筋力強化すればよいのか? 新井 光男
3 2019/11/11(月) 痛みや老化による筋力低下には筋力アップと脳のプログラムの変容へのアプローチ 新井 光男

備考

※動きやすい服装でご参加ください。
※本講座はこれからの予防のためよりも、現在、関節などに何らかの不調を抱えておられる方を対象にした、ゆっくり丁寧に学ぶ講座になります。

対象者

現在、関節などに何らかの不調を抱えておられる方

講師

白谷 智子(しらたに ともこ)
理学療法士

【プロフィール】
神戸総合医療介護福祉専門学校 理学療法士科を卒業後、甲南病院等でリハビリテーションを担当。現在は、苑田会苑田第二病院 リハビリテーション科に在籍。

白谷 智子

新井 光男(あらい みつお)
パーソナルコンディショニングセラピスト 元首都大学東京教授

【プロフィール】
リハビリテーション 著書;モビライゼーションPNF(メディカルプレス出版)

新井 光男

受付終了

<<講座一覧に戻る