コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1931B005】 高齢者とことば

電話注文のみ可

実施日 2019/11/07 ~ 2019/12/12 曜日
時間 10:30~12:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

高齢になると、疾患のり患が増え、ことばの障害を引き起こすことが多くなります。その中で一番多い、難聴、構音障害、失語症、認知症をあげ、それらの症状や原因、その対応について学びます。家族や仕事で出会うコミュニケーション障害の人を理解する助けになるかと思います。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/11/07(木) 加齢とことば:加齢によってことばの機能がどう変化するのかについて最近の学説などもふくめて紹介 西脇 恵子
2 2019/11/14(木) 加齢による難聴:その症状と対応方法 西脇 恵子
3 2019/11/28(木) 失語症:その症状と対応方法 西脇 恵子
4 2019/12/12(木) 認知症:その症状と対応方法 西脇 恵子

講師

西脇 恵子(にしわき けいこ)
日本歯科大学附属病院 言語聴覚士室 室長・講師

【プロフィール】
言語聴覚士として、急性期の病院、地域のリハビリテーションセンター、大学病院に勤務し、臨床経験を重ねてきました。臨床の領域は、失語症、高次脳機能障害、成人や小児の構音障害、子どもの発達障害、吃音、摂食嚥下障害と幅広い分野を専門としています。
臨床のほか、当該分野の研究や患者さんの会の支援、学生教育や地域支援など幅広い活動を行っています。

西脇 恵子

電話注文のみ可

<<講座一覧に戻る