コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1924G008】 気象情報を提示するアンビエントIoTメディアを作ろう IoTメディアデバイスの制作を通じて最新のものづくりを体験

満員御礼

実施日 2019/08/26 ~ 2019/08/27 曜日 月,火
時間 10:30~14:00 定員 5名
キャンパス 日野キャンパス 教室 4号館410
受講料
7,500円 単位 1 単位

講座の説明

本講座では、研究室内で開発されたデバイスを実際に自分たちで制作することで、ハードウェア開発やプログラミングを体験することを目的としています。本研究室で開発したデバイスFUJICHAN(フジチャン)を題材にし、富士山頂の気温をリアルタイムに色で提示するデバイスを実際に制作していただきます。LED制御からネットワークデータ通信までをプログラミングを通じて学習します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/08/26(月) 馬場 哲晃
2 2019/08/26(月) 馬場 哲晃
3 2019/08/27(火) 馬場 哲晃
4 2019/08/27(火) 馬場 哲晃

備考

※間に、昼食休憩(12:00~13:00)が入る予定です。

対象者

コンピュータを利用したキーボード入力やマウス操作が問題なくできる方

講師

馬場 哲晃(ばば てつあき)
首都大学東京准教授 システムデザイン学部

【プロフィール】
本学准教授。
1979年長野県中野市生まれ。芸術工学をキーワードに、テクノロジーとアートを融合した新しいものづくりを目指している。身体接触をインタフェースに応用した作品群フレクトリックプロジェクトでは、人間のスキンシップを楽器演奏やゲームインタフェースに取りいれたユニークな作品を発表している。国内外の多くの美術館・科学館に作品が所蔵されている。

馬場 哲晃

満員御礼

<<講座一覧に戻る