コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1841E008】 格差社会の謎 権力と分配を考える

満員御礼

実施日 2019/02/16 ~ 2019/03/09 曜日
時間 15:30~17:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

 1980年代以降、上位1%、10%への所得集中が進み、中間層が薄くなり、貧困層が拡大しています。現代格差社会の出現です。格差社会は社会をむしばみ、人々から明るい希望を奪います。住宅投機、詐欺的金融など倫理性を欠くビジネスが横行します。資本主義はどうしてこのような変貌を遂げたのか。グーグルやアマゾンなど、特定企業への経済的・政治的権力集中から考えます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2019/02/16(土) 現代資本主義の見方:多国籍企業の権力 福田 泰雄
2 2019/02/23(土) 格差拡大と多国籍企業への所得集中 福田 泰雄
3 2019/03/02(土) 多国籍企業による市場支配 福田 泰雄
4 2019/03/09(土) 多国籍企業による税・財政政策支配 福田 泰雄

備考

※教材はプリントを配布します。

講師

福田 泰雄(ふくだ やすお)
一橋大学名誉教授

【プロフィール】
一橋大学名誉教授。
1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、同博士課程単位修得退学。関東学院大学経済学部講師、一橋大学経済学部講師、助教授、教授を経て名誉教授。

福田 泰雄

満員御礼

<<講座一覧に戻る