コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1831Z010】 フリーランスをめぐる労働問題とトラブル対処法

満員御礼

実施日 2018/11/16 曜日
時間 15:00~17:00 定員 100名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

フリーランスなどの雇用されない働き方は、労働法規の保護の対象外であり、それにともなうトラブルが顕在化しています。これを受け、国は検討会を設け、報告書が公表されています。本セミナーは、フリーランスをめぐる労働問題とトラブル対処法を、事例を挙げながら解説します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/11/16(金) ●事例にみるフリーランスをめぐる労働問題
●国の検討会報告の概要
(厚生労働省、公正取引委員会)
●フリーランスで働く際の注意点とトラブル対処法
芦野 訓和

対象者

労働者、学生、テーマに関心のある方

講師

芦野 訓和(あしの のりかず)
東洋大学法学部法律学科教授

【プロフィール】
明治大学大学院法学研究科修了(学位、修士(法学))。同大学院博士後期課程、同大学助手、駿河台大学法学部助教授を経て、2010年より現職。

主な研究領域は民法とりわけ請負契約を含む役務提供型契約。2009年度より在宅ワークをめぐる法的諸問題に関する厚生労働省検討会の委員を務め、ガイドラインの改定などに携わる。

2017年度は「雇用類似の働き方に関する検討会」「柔軟な働き方に関する検討会」の二つの検討会委員を務め、後者の検討会では「雇用型テレワークのガイドライン(情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入の及び実施のためのガイドライン)」策定を行った。

芦野 訓和

満員御礼

<<講座一覧に戻る