コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1831Z009】 フリーランスという働き方の現状と今後

満員御礼

実施日 2018/11/12 曜日
時間 15:00~17:00 定員 100名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

柔軟な働き方が推進される中、インターネットを通じて単発の仕事を請け負う『ギグ・エコノミー』の拡大により、働き方のフリーランス化が加速すると予測されています。フリーランスなどの雇用されない働き方は、労働法規の保護の対象外であり、それにともなうトラブルが顕在化しています。本セミナーは、フリーランスの現状と今後や諸課題について解説します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/11/12(月) ●フリーランスという働き方
●増えてくる柔軟な働き方の動向
(副業・兼業・ギグエコノミー・クラウドソーシングなど)
●フリーランスと契約、労働条件の保護の課題
平田 麻莉

対象者

労働者、学生、テーマに関心のある方

講師

平田 麻莉(ひらた まり)
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事

【プロフィール】
慶應義塾大学在学中にPR会社ビルコムの創業期に参画。人材企業や組織開発コンサルティング企業の広報経験を通じて企業と個人の関係性に対する関心を深める。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院への交換留学を経て、2011年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。現在はフリーランスPRプランナーや、ケースメソッド教材のケースライターとして活動。2017年1月にプロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会設立。年会費1万円で保険や福利厚生を利用できるフリーランス向けベネフィットプランを提供し、多様な働き方の環境整備に情熱を注ぐ。

平田 麻莉

満員御礼

<<講座一覧に戻る