コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1831Z007】 どうする! 今後の非正規雇用対策 I ~同一労働同一賃金&無期転換と今後の非正規雇用~

満員御礼

実施日 2018/10/01 曜日
時間 15:00~17:00 定員 100名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

非正規社員の労働条件においては同一労働同一賃金ガイドライン案が公表(H28.12)され、初の最高裁判決(H30.6)も出されて実務の取扱が大きく変わっています。また、本年4月から有期雇用労働者の無期転換が本格化し、働き方改革関連法によりパート・有期・派遣に関する法改正も行われるなど大きな転換期を迎えています。本講座は非正規雇用に関する動向を押さえ、今後の非正規雇用の留意点について解説します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/10/01(月) ●今、なぜ働き方改革か
●同一労働同一賃金の考え方
●労働契約法20条に関する最高裁判決等
●働き方改革関連法による法改正
●無期転換ルールと雇止め
倉重 公太朗

対象者

使用者・人事労務担当者・テーマに関心のある方

講師

倉重 公太朗(くらしげ こうたろう)
安西法律事務所 弁護士

【プロフィール】
慶應義塾大学経済学部卒業
安西法律事務所所属弁護士

【役職・所属等】
第一東京弁護士会所属
第一東京弁護士会労働法制委員会外国法部会副部会長
日本人材マネジメント協会(JSHRM)執行役員
日本CSR普及協会 雇用労働専門委員
経営法曹会議会員

経営者側労働法専門弁護士。労働審判・仮処分・労働訴訟の係争案件対応、団体交渉(組合・労働委員会対応)、労災対応(行政・被災者対応)を得意分野とする。企業内セミナー、経営者向けセミナー、社会保険労務士向けセミナーを多数開催。

倉重 公太朗

満員御礼

<<講座一覧に戻る