コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1831Z005】 古民家復元 ―板橋区徳丸所在の東京都有形文化財「旧粕谷家住宅」の復元工事からみえたこと―

満員御礼

実施日 2018/10/26 曜日
時間 14:00~16:30 定員 40名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

板橋区徳丸に建つ「旧粕谷家住宅」は、平成27年度から修復工事が行われ、享保8年(1723)の建立と判明しました。現在は、建立当初の姿がよみがえり、広い土間に3本の欅の大黒柱が並ぶなど、江戸時代中期の民家ののびのびとした空間が体験できます。昨年度には関東地方における最古級の民家として東京都有形文化財に指定されました。講座では、建物調査と復元設計を担当した波多野純建築設計室の天木氏を講師に迎え、工事中の記録写真や、発見された柱の墨書のほか、実際に使われていた部材などを見ながら、建物の変遷や、文化財的価値などについてお話しいただきます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/10/26(金) 天木 詠子

講師

天木 詠子(あまき えいこ)
波多野純建築設計室

満員御礼

<<講座一覧に戻る