コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1831Z002】 ~「今」大人の食育を考える~ 高齢者の2~3割は低栄養という驚きの現実

満員御礼

実施日 2018/10/31 曜日
時間 14:00~15:30 定員 70名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

「規制緩和によって新たな市場を創出していく」というアベノミクス第3の矢。私たちが毎日食べている食品も例外ではなく、健康食品の機能性表示に関する規制が緩和されました。これを受けて2015年に始まった機能性表示食品の届け出は既に1,000件を超え、氾濫する健康食品情報に戸惑う消費者も増えています。
一方で、高齢者の2~3割は低栄養という状況が明らかになってきました。この背景にあるのは貧困の問題だけでなく、食物繊維や野菜に偏りすぎたり、タンパク質の摂取量が少なかったりという誤った食事の選択です。規制緩和は食品産業の成長を促し、食品選択の幅を広げます。しかし、多くの選択肢から自分に必要な食品を選ぶには科学的な視点が大切です。自然の食材に恵まれた日本の食事、選択肢が一杯あるのに低栄養になるという不幸を防ぐため、大人の食育について考えてみましょう。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/10/31(水) 篠田 粧子

講師

篠田 粧子(しのだ しょうこ)
首都大学東京教授 オープンユニバーシティ

【プロフィール】
首都大学東京教授。
専門は栄養生化学。消化管における栄養素吸収のメカニズムについて、生体および遺伝子レベルで研究している。米国の大学に留学し栄養学を学んだ経験と、その大学寮の食事で大量に体重が増加した経験から、日本型食生活が世界に誇れるものであると実感し、食生活改善の啓蒙活動にも力を注いでいる。

篠田 粧子

満員御礼

<<講座一覧に戻る