コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1811Z001】 認知行動療法による豊かなライフ・デザイン 認知行動療法による様々な技法で豊かな精神生活をデザインする

受付終了

実施日 2018/04/10 ~ 2018/04/24 曜日
時間 10:30~14:30 定員 40名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

認知行動療法とは、対象者が自分の心のクセを知ることで、余計なストレスや誤った考え方を修正し、適応的な行動へ導くための心理技法です。自分自身を客観的に知ることで、他者との関係性も理解できることから、円満な人間関係を築くためのツールとして有用です。
現在、医療・臨床分野でも幅広く用いられており、うつ病、統合失調症、双極性障害などの治療をはじめ、一般の企業、学校など教育分野でも幅広く用いられています。
本講座では、一般の方々がこの認知行動療法を学び、金銭面では得られない豊かな精神生活を構築する方法について一緒に考えます。
二人一組で行うカウンセリング演習付きです。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/04/10(火) 認知行動療法の基礎 大嶋 伸雄
2 2018/04/10(火) 認知行動療法の演習 大嶋 伸雄
3 2018/04/17(火) 認知行動療法の応用:日記、ノート技法 大嶋 伸雄
4 2018/04/17(火) 心と身体の関係性 大嶋 伸雄
5 2018/04/24(火) 日本人の健康寿命と定年後の生活 大嶋 伸雄
6 2018/04/24(火) 自分の生活をデザインする 大嶋 伸雄

備考

テキストは各自事前購入:『はじめての認知療法』大野裕著(講談社現代新書)820円(税込)
※途中参加不可(特定の回だけの参加も不可)。
※間に、昼食休憩(12:00~13:00)が入る予定です。

対象者

一般の方および認知行動療法の基礎を学びたい専門家の方

講師

大嶋 伸雄(おおしま のぶお)
首都大学東京教授 健康福祉学部

【プロフィール】
[所属]
首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 作業療法科学域 教授
・日本認知作業療法研究会・代表理事
・日本リハビリテーション・カウンセリング研究会・代表理事
筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻(リハビリテーション修士号)
昭和大学医学部公衆衛生学教室 学術博士(医学)

[職歴]
1992年 秋田県立脳血管研究センター リハビリテーション科 作業療法士
1994年 秋田大学医学部附属病院 整形外科リハビリテーションセンター 文部技官
1999年 埼玉県立大学 保健医療福祉学部作業療法学科講師(2003 助教授)
2005年 英国 St. George’s University of London:Visiting Scholar
2006年 公立大学法人 首都大学東京大学院人間健康科学研究科
2014年 University of California、San Francisco校

大嶋 伸雄

受付終了

<<講座一覧に戻る