コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1811T002】 「江戸宇宙」の世界 来日外国人の記録が教える幕末

受付終了

実施日 2018/04/07 ~ 2018/05/26 曜日
時間 13:00~14:30 定員 30名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

幕末から大勢の西洋人が日本に来て、多くの見聞録や日記を残しました。
「特筆すべきこと」だったから書き残したのです。我々の常識とは異なり、江戸時代の庶民には、自由があり、権利があったと記されています。
当時のヨーロッパと比べての話ということです。これはどういうことなのでしょうか。
また、欧米とは異質な「礼節の文明」があり、質素であることが貴ばれました。
現代人はもはや忘れてしまった価値観が当時にはあり、それに学ぶものがあります。
この講座では、そうした外国人の日記などを手掛かりに、江戸人の価値観に迫ってみたいと思います。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/04/07(土) (1) 外国人の見た幸福と自由 桐山 桂一
2 2018/04/21(土) (2) 江戸人の花好きの遺伝子は 桐山 桂一
3 2018/05/12(土) (3) 「質朴」の美徳はどこへ 桐山 桂一
4 2018/05/26(土) (4) 自然とともに生きる人々 桐山 桂一

備考

※本講座は、東京新聞の協力により実施するものです。

講師

桐山 桂一(きりやま けいいち)
中日新聞・東京新聞 論説委員

【プロフィール】
1984年、中日新聞に入社し、東京新聞(中日新聞東京本社)の社会部記者や特別報道部のデスクを経て、2005年から東京新聞・中日新聞論説委員(司法担当)、現在に至る。2002年から2003年にかけ、総合開発研究機構(NIRA)の研究員。2009年より桜美林大学非常勤講師・現在に至る。
著書に『反逆の獅子』(角川書店)、『呉清源とその兄弟』(岩波現代文庫)、『昭和零年』(講談社現代新書)、『内部告発が社会を変える』(岩波ブックレット)、『江戸宇宙』(新人物往来社)、『マイナンバー法を問う』(岩波ブックレット)など。『近現代日本人物史料情報辞典』(吉川弘文館、全3巻)の項目執筆にも関わった。共著は『人間の時代へ』など数冊。

桐山 桂一

受付終了

<<講座一覧に戻る