コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1811K001】 芭蕉と『おくのほそ道』の旅 芭蕉と曽良が語る寺社・仏閣の地を訪ねて

受付終了

実施日 2018/04/19 ~ 2018/07/19 曜日
時間 13:00~14:30 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

芭蕉が『おくのほそ道』にとりあげた寺社仏閣のうち、縁起や伝承に深い関心を示した章をとりあげます。
畏敬の念を抱き続けた西行・能因・宗祇も登らなかった修験道の行場、出羽三山の巡礼をしました。また、大神神社の無戸室伝説は、苦難を乗り越えて幸運をつかむ話ですが、芭蕉も「若生て帰らば」の覚悟でこの旅に臨み艱難に耐え、やがてさらなる蕉風俳諧の進展につながることになりました。
徒歩で辿った体験を踏まえて読み進めます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/04/19(木) 「大神神社」と木の花咲くや姫 杉田 美登
2 2018/05/17(木) 「黒羽」と役小角(役行者) 杉田 美登
3 2018/06/21(木) 「出羽三山」と修験道 杉田 美登
4 2018/07/19(木) 「那谷寺」と西国三十三所巡礼 杉田 美登

講師

杉田 美登(すぎた よしのり)
東京都立産業技術高等専門学校名誉教授

【プロフィール】
東京都立産業技術高等専門学校名誉教授
小学5年より近世文書や版本・写本の物語に関心を持つ。大学・大学院前期・後期課程において故飯田正一・萩原恭男に近世文学・俳文学(紀行文・連句・俳論・書簡)などを学ぶ。萩原恭男氏の『おくのほそ道』『笈の小文』『更科紀行』『鹿島詣』『嵯峨日記』の実地踏査に昭和47年より平成15年まで同行。以後徒歩による一人旅を継続中。平成元年より22年まで新潟県上越市をはじめ町村史の編さんに参加。

杉田 美登

受付終了

<<講座一覧に戻る