コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1741Z003】 これからの地域・まちづくり~その仕事の最前線と大学での学び

受付終了

実施日 2018/01/15 曜日
時間 17:00~18:30 定員 50名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
0円 (入会金不要) 単位 0 単位

講座の説明

少子高齢化や低成長時代に地域やまちを支えていくためには、様々な職能を持ったスペシャリストが協働することが不可欠です。
自然環境保護、まちづくり、防災・減災、交通のような公益性の高い分野は自治体の責務と捉えられがちですが、これからの時代は民間企業もその責務を負っています。また、観光のような私的行動も公益性を高める存在として重視され始めています。
この講座では、これらの分野で求められるキャリア像とその育成のための研究・教育の最前線を学びます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/01/15(月) まちの魅力や賑わいを生み出す仕事・研究・教育の最前線 川原 晋

対象者

中高生およびその保護者の方

講師

川原 晋(かわはら すすむ)
首都大学東京教授 都市環境学部

【プロフィール】
早稲田大学大学院修了。博士(工学)。専門は都市地域計画、観光まちづくり。賑わいを生み出すソフト事業形成と空間計画、観光手法を活用したエリアマネジメントの方法を実践・研究する。「中心市街地に様々な活動やアクターを呼び込む空間整備と組織づくり~鶴岡市山王商店街の取組み」で、2012年日本都市計画家協会の楠本洋二賞・優秀賞を受賞。近著に『都市の祝祭空間』、『まちづくり市民事業〜新しい公共による地域再生』等。

川原 晋

受付終了

<<講座一覧に戻る