コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1741H016】 初めてのスペイン語【冬期】 初級文法講座

受付終了

実施日 2018/01/24 ~ 2018/03/14 曜日
時間 18:30~20:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
13,900円 単位 2 単位

講座の説明

本講座では、スペイン語の初級文法を学びながら、平易なスペイン語の運用能力を養うことを目指します。
基本的な文法の説明とかんたんな会話表現の紹介と運用練習に続き、テキストの練習問題を解いて理解を深めます。簡単なことならスペイン語で正確に表現できる、こうした発話能力を養いましょう。何よりも基本動詞を正確に活用させて使えるようにすることが大事で、現在形の活用をひととおり学びます。日常会話で必要な語彙力・慣用的な表現も習得できます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2018/01/24(水) 規則活用動詞 - 基本動詞の用法の復習と練習 飯田 敏彦
2 2018/01/31(水) 時刻・日付・曜日を尋ねて答える、天候の表現 飯田 敏彦
3 2018/02/07(水) 直説法現在の不規則活用動詞(1) - 1人称単数形が不規則な動詞、目的格人称代名詞 飯田 敏彦
4 2018/02/14(水) 不規則活用動詞(2) - 語根母音変化動詞の活用と用法 飯田 敏彦
5 2018/02/21(水) 不規則活用動詞(3) - tener, venir, decir, oír, ir などの活用と用法 飯田 敏彦
6 2018/02/28(水) gustar 型動詞の用法、前置詞格人称代名詞 飯田 敏彦
7 2018/03/07(水) 再帰動詞の活用と用法 - 直接再帰: levantarse, sentarse, acostarseなど 飯田 敏彦
8 2018/03/14(水) 再帰動詞の活用と用法 - 間接再帰と相互再帰: lavarse, limpiarse, ponerse, quererse など 飯田 敏彦

備考

※テキストは教室にて販売:『スペイン語のABC』坂東省次、中川節子(第三書房)2,376円(税込)
※持ち物:西和辞典(お持ちの方)

対象者

動詞の現在形規則活用までのスペイン語文法を学んだ経験のある方

講師

飯田 敏彦(いいだ としひこ)
宇都宮大学ほか非常勤講師

【プロフィール】
15世紀から17世紀にかけてのスペイン経済の歴史に興味を持って学んでいます。特に16世紀はヨーロッパ史の上では「スペインの時代」と呼ばれ、スペインは「スペイン帝国」として西ヨーロッパで絶大な影響力を誇りました。こうしたスペインの商業と金融業を軸に、この時代におけるスペイン経済の興隆と衰退の過程に光を当てるべく、カスティーリャ王国の羊毛貿易、スペイン人の商人、ジェノバ人の銀行家、アメリカ大陸との貿易などについて学んでいます。

飯田 敏彦

受付終了

<<講座一覧に戻る