コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1731K001】 芭蕉と『おくのほそ道』の旅 陸奥と越路の風雅ある人

受付終了

実施日 2017/10/19 ~ 2018/01/18 曜日
時間 13:00~14:30 定員 15名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

『おくのほそ道』中の人物は、富裕の商人・高禄の武士で社会的、経済のうえからも恵まれた人が多いのです。この旅の前の『卯辰紀行』において、旅で少しでも風雅ある人に出会うと限りなくうれしい。そんなときは、瓦石のうちから玉を拾い、泥の中から金を得た心地がすると記しています。この考えは、以後も続いたはずです。そこで『おくのほそ道』の一章に取りあげた人はどのような人物だったのでしょうか。歩いて旅した体験を交えて読みすすめます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2017/10/19(木) 素堂・安適・濁子と「御島・松嶋」の章 杉田 美登
2 2017/11/16(木) 鈴木清風と「尾花沢」の章 杉田 美登
3 2017/12/21(木) 長山重行と「鶴岡」の章 杉田 美登
4 2018/01/18(木) 北枝と「金沢・天龍寺」の章 杉田 美登

講師

杉田 美登(すぎた よしのり)
東京都立産業技術高等専門学校名誉教授

【プロフィール】
東京都立産業技術高等専門学校名誉教授
小学5年より近世文書や版本・写本の物語に関心を持つ。大学・大学院前期・後期課程において故飯田正一・萩原恭男に近世文学・俳文学(紀行文・連句・俳論・書簡)などを学ぶ。萩原恭男氏の『おくのほそ道』『笈の小文』『更科紀行』『鹿島詣』『嵯峨日記』の実地踏査に昭和47年より平成15年まで同行。以後徒歩による一人旅を継続中。平成元年より22年まで新潟県上越市をはじめ町村史の編さんに参加。

杉田 美登

受付終了

<<講座一覧に戻る