コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1731B006】 「病は気から」の脳科学 こころとからだの精巧な関係

電話注文のみ可

実施日 2017/11/01 ~ 2017/11/22 曜日
時間 18:30~20:00 定員 14名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

「病は気から」と昔からよく言われますが、あなたは信じますか?精神状態がガンの進行に関わるといわれたらどう思いますか?
病気とまではいかないけれど、ストレスなどからくるからだのだるさ、体調不良を経験したことのある人は多いはずです。これは、単なる気のせいなんかではなく、こころとからだをつなぐしくみがあるからです。そのしくみを解き明かすキーとして、本講座では脳・神経科学を取り上げ、脳からみた「病は気から」のしくみについて解説します。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2017/11/01(水) こころとからだの健康:ストレスと脳 北 一郎
2 2017/11/08(水) 外敵から身体を守る:免疫系 北 一郎
3 2017/11/15(水) ホメオスタシスの制御機構:自律神経系と内分泌系 北 一郎
4 2017/11/22(水) こころの神経科学:抑うつと脳 北 一郎

備考

※4回の講義を通して本テーマを解説する講座です。各回ごとに必ずしも完結しないことがあります。
※本講座は、講師が過去に実施した同名講座とほぼ同じ内容です。

講師

北 一郎(きた いちろう)
首都大学東京教授 大学教育センター

【プロフィール】
専門分野は神経生理学、運動生理学。環境要因や運動時のストレス反応の脳内メカニズムを調べながら、心と体の健康について研究を行っている。学生時代は国体選手としても活躍。

北 一郎

電話注文のみ可

<<講座一覧に戻る