コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1731A005】 知性を磨く厳選28問

満員御礼

実施日 2017/11/27 ~ 2017/12/18 曜日
時間 18:30~20:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
10,000円 単位 1 単位

講座の説明

日常生活、テレビ・新聞の報道、最新の研究等において現れる種々の問題を検討し、その本質は何なのか、どこがおかしいのか等について考察します。このような考察を通じて知性を磨き、ものごとの本質を鋭く大胆に洞察する力や、哲学的に深く考える能力を養います。巷にあふれる情報には、根拠のない主張、混乱した思考、危険な悪意が潜んでいる場合がありますから、決して鵜呑みにすることなく、自分の頭で批判的に考えることが大切です。健康・食べ物・人生から環境・自然・宇宙まで、現代のさまざまなテーマについてわかりやすく講義しますので、気楽に参加してください。なお、今回は開講時間を従来の午後から夜間(18時30分~20時00分)に変更したため、新規参加者の増加が予想されます。そこで、今回は、過去の初期の講座で取り上げた問題の中から、特に基礎的な問題、重要な問題、人気のある問題、役に立つ問題を厳選して論じます。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2017/11/27(月) 千代島 雅
2 2017/12/04(月) 千代島 雅
3 2017/12/11(月) 千代島 雅
4 2017/12/18(月) 千代島 雅

講師

千代島 雅(ちよじま ただし)
哲学者、元首都大学東京准教授

【プロフィール】
元首都大学東京准教授 都市教養学部 人文社会系。平成29年3月 首都大学東京退職。
東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。専門分野は哲学。主な著書:「温暖化のウソと真実」(晃洋書房)、「アキレスと亀」(晃洋書房)、「時間とタイムマシンの哲学」(北樹出版)、「双子のパラドックスの論理」(晃洋書房)、「自己理解と自己超克」(晃洋書房)、「エントロピーの常識が崩壊した」(晃洋書房)など。

千代島 雅

満員御礼

<<講座一覧に戻る