コンテンツ内容へ移動

首都大学東京オープンユニバーシティ

コンテンツの開始

【1641H010】 中級ドイツ語講読【冬期】 ミヒャエル・エンデ 『オフェーリアの影一座』を読む

受付終了

実施日 2017/01/20 ~ 2017/03/03 曜日
時間 10:30~12:00 定員 20名
キャンパス 飯田橋キャンパス 教室
受講料
14,900円 単位 1 単位

講座の説明

冬期の中級購読では、ドイツの児童文学者ミヒャエル・エンデの童話『オフェーリアの影一座」』を読みます。中級前半(ドイツ語文法を接続法まで一通り学習した方)の実力があれば読むことができるテキストです。まとまったドイツ語を読みたいという方はぜひご受講ください。また、初級文法の現在完了形、受動態まで学習を終えた方にもチャレンジしていただけると思います。既習のドイツ語文法を臨機応変に使いこなす練習をしたい初級レベルの方もどうぞご受講ください。カラー刷りの挿絵が美しいテキストを使用する予定です。

●ミヒャエル・エンデ 『オフェーリアの影一座』を読む

※こちらの講座は日程がパンフレット記載の日程から変更となっております。
お申込みの際には日程をご確認ください。

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2017/01/20(金) 西野 路代
2 2017/01/27(金) 西野 路代
3 2017/02/03(金) 西野 路代
4 2017/02/10(金) 西野 路代
5 2017/02/24(金) 西野 路代
6 2017/03/03(金) 西野 路代

備考

※テキスト各自事前購入:『オフェーリアの影一座』ミヒャエル・エンデ(白水社)1,512円(税込)出版社に直接ご注文ください。注文の際は、首都大学東京で使用とお伝えいただくとスムーズです。
※持ち物:独和辞典(電子辞書も可)。5万語から6万語程度収録のものが望ましい。
※「中級ドイツ語講読【秋期】」(平成28年度秋期実施)の継続講座ですが、新規の受講も歓迎します。

対象者

ドイツ語の初級文法を完了形、受動態まで終えられた方、接続法まで一通り学習した方

講師

西野 路代(にしの みちよ)
首都大学東京非常勤講師

【プロフィール】
首都大学東京・大妻女子大学非常勤講師
東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得
専門分野は現代ドイツ文学、現代オーストリア文学 著書に『エルンテ』(共著)など

西野 路代

受付終了

<<講座一覧に戻る